金融出身の男の記録 お金の話や日常生活の話

金融業界の裏側から身近のおすすめスポットまで紹介

この画面は、簡易表示です


交通事故にあってしまった・・・まさかの慰謝料請求・・・

backあぁ、もう最悪・・・・なんと交通事故にあいました。
つつましく暮らしていただけなのになぜここまで不幸が訪れるのか。

貧乏で金を借り、、、
親の遺産相続で金を払い、、、
交通事故にあい、、、、

そんな人生です。
ただ、今回の交通事故は障害も残る可能性があるので、ちょっとした慰謝料がいただけそうです。

弁護士としっかりと打ち合わせをしてガッツリと取りに行きたいと思います。
ちなみに、弁護士費用は弁護士費用特約という素敵な制度があるので、0円です笑
参考:弁護士費用特約(弁護士特約)

↓↓自分で調べた情報

【交通事故慰藉料 後遺障害等級認定とは何か】

一言で後遺障害と言っても、一人一人の状態はそれぞれ異なったいます。したがって被害者の損害を個別に算出することは極めて困難と言っていいでしょう。そのためにあるのが後遺障害の等級です。これは16等級142項目に分類されており、これを使うことにより迅速で公平な処理が可能のなるのです。後遺障害慰謝料の計算に必要な労働能力喪失率などは等級によって定められており、たとえ同じ症状でも等級が適正に評価されているかどうかで損害賠償請求額は異なってきます。このように後遺症の損害賠償請求の基礎になるのが等級ですから、まず必要なのは適正な等級認定を受けることです。等級認定を受けるには被害者請求と事前認定の2種類があることは別項で説明しましたので、ここでは等級認定の原則と基準について書くことにします。

【等級認定の原則と基準について】

後遺障害等級認定は「損害保険料率算出機構」という機関によって行われるのですが、その等級認定の方法には原則主義が貫かれています。したがって審査されるのは提出された書類のみで、その他の個人的な事情などはまったく考慮されません。これは膨大な数の請求に対して、迅速かつ公平に対応しなければいけないからです。では等級認定の基準とはどのようなことなのでしょうか。これは後遺障害等級認定は書面主義になっており、提出された書類を等級認定の基準に照らし合わせて審査するということにあります。つまり基準だけが重視されますから、いくら個人の状況などがいろいろ書かれていても、基準に合わなければ一切考慮されませんから、認定の参考にされることはありません。




インプラントってやつを勧められているんだが?

gum11_ph05064-s実はというか、そんなに大した話じゃないんだけど、俺は3年前にちょっとしたバイク事故を起こして上の前歯が一本ないわけです。それで、その歯をブリッジという治療をしてずっとそのまま放置してきたんですけど、最近になって周りの歯が痛んでいるからインプラントにしたらいいんじゃないかといわれました。

ちなみに、ブリッジ治療っていうのは抜けた歯の横に生えている歯を土台にして橋のように差し歯を乗っける治療法。解るかな?要するに、差し歯の横に金具がついていて、その金具をヨコの健康な歯にくっつけて固定するやり方なわけです。つまり、ヨコの健康な歯を削るし、日常的に負担はかかるしで、まぁ正直長期的にはあんまり良い治療法じゃないわけ。

で、歯が痛いな~と思って、ちょっとこの前ブリッジ治療をした地元横浜の歯医者に行ってみたら、ヨコの歯が痛んでいるからインプラントにした方が良いって言うわけですよ。俺の感想としてはね、そんなの「最初に言えや!」って感じなわけですよ。お前が治療しておいて、ダメだからインプラントやりましょうって、こんなことになるんなら最初からインプラントやってるわ!!って話なわけです。

ちなみに、インプラント治療っていうのは、骨に直接根っこみたいなのを埋めこんでその上から差し歯をくっつけるやりかたなので、長期的にも安定するし、使用感的には元の歯以上ということみたいです。手術ってちょっと怖いって思うんだけど、あれこれ言ってても仕方ないから地元横浜でインプラントの歯医者をいくつか回ってみようと思います。(見つけたサイト→インプラント横浜)はぁ、何かいい情報あれば教えてください。




アイスクリーム代がかかってしゃーない

ais
私は森永のアイスクリームのパルムが大好きで、毎日何本も食べています。

1箱に6本入っていて、コンビニで買うと1箱399円ですが、マーケットで買うと1箱298円で、近所のディスカウントストアーで買うと1箱266円で、ディスカウントストアーが一番安いのです。

しかし、一日に最低3本たべていて、多いときは一日に1箱食べてしまうこともあって、一回に買うのが3箱買っています。1回買い物に行くと、798円、アイスクリーム代にかかります。

これを2~3日ごとに繰り返していると、お金がなくなってしまいます。
ただでも冷凍食品を食べたり、コンビニ弁当を食べたりしていて、食費にお金がかかっているのに、アイスクリーム代が1回800円ほどかかると、食費よりもかかっているような気がするのです。

冬になれば落ち着くかな、と思いますが、アイスクリームを食べ続けて、太ってしまい、今まで入っていたデニムが入らなくなってしまったりと、とにかくいいこともなく何かと不経済です。




購入代金の一部にキャッシング

先月にキャッシングを利用しまして、無事以前から欲しかった車の購入代金の一部を支払うことが出来ました。私は車を見たり、運転したりするのが好きです。幼い頃は様々なミニカーを集めていました。また叔父が車好きで外車を持っており、会う時は良くドライブに連れて行って頂いたものです。そんな私も社会人になり、ついに車の購入を決意します。

しかしそれ程お金が無いので、ローンを組んで中古車を購入しました。いずれお金が貯まった際は、現金一括で外車を買うと考えていました。そして入社5年目の時なのですが、ある程度お金が貯まったことからついに外車購入の時が来たのです。しかし目的の車を現金で一括購入するには、若干足りないです。それ程大きい金額ではないので、わざわざ自動車ローンを組むのはどうかと考え、キャッシングを利用しました。キャッシングは審査を通過すれば、その場で借り入れ可能で、使い道は自由です。また利息が付かない期間を設けている業者があるので、大変便利です。今は買ったばかりの車に乗るのが楽しくて仕方ありません。

借り入れしたお金は既に返済しておりますが、今後物の購入において足りない際はフリーローンを利用したいと考えています。




大学時代のキャッシングの思い出

私は現在大学生なのですが、入学当時からパチスロにどっぷりはまってしまい、借金をしてまでパチスロを打つことが普通になってしまっていました。借金は主に知人や親からなどに借りていたのですが、一時借金が膨れ上がって額がどうにもならない状態になりました。

アルバイトをしていたのですが、収入のほとんどをパチスロに使ってしまい、返済のことなど一つも考えていませんでした。その結果、知人や親から返済の催促をされ、信用も失っていました。それで、知人や親にはもう迷惑をかけれないと思い、金融機関からお金を借りて返済しようとして、いろいろ調べました。

まず、銀行のカードローンを調べて借りようと思いいろいろ調べ、借りようとしたのですが学生には融資できないと言われあきらめました。それから、よく宣伝をしているアコムやアイフルなどを調べ、金融機関を利用としたのですが、契約書などを書く際に保証人として親の名前を書く欄を見た際に、不安になり手を出せませんでした。なので、借金をしている人たちに頭を下げ、待ってもらい自分で働いて、お金を返済しました。金融機関や銀行のローンを利用として、お金の厳しさを知りました。




総量規制対象外の借入はできる?

ilm17_ca07016-s総量規制が施行されてから数年がたちましたが、その間にキャッシングユーザーの行動もだいぶ絞られてきたような気がします。もう、今更説明は不要かもしれませんけど、総量規制の対象となっている業者は貸金業者で、いわゆるサラ金、消費者金融といった業種でしたね。

消費者金融業者とは例えば、プロミスやアコム、モビットなんかがそうですね。そういったところでは収入のない方はキャッシングをすることがそもそもできません。そこで困ってしまったのが専業主婦の皆様でした。専業主婦の皆様は、そもそも働いていない、つまり、収入がない!のでキャッシングの道が閉ざされてしまったということになります。しかし、専業主婦がキャッシングをしないかというとそんなことは全くなく、利用者の多くは主婦ですし、総量規制対象外というキーワードでの検索も安定したボリュームがあります。

そう。もう答えを行ってしまいましたね。総量規制対象外である銀行系のカードローンを利用すれば専業主婦でもキャッシングをすることが出来るのです!これにより、主婦は銀行系のカードローンを利用するという流れが出来たわけですが、それほど多くの金額を借りられるわけではないので、やはりその点は限界がありまして、多少の金額を回す・・・くらいにとどめた方がいいかなぁという印象です。




総量規制後の借入

cspl001-s-jpg総量規制が施行された後は年収が多いほど、法律上の借り入れの限度額も増えていきます。私は10年ほどあるメーカーに勤めていますが、ここ数年昇給が無いんです。昇給がないということはもちろん年収も据え置きですので、借り入れができる限度額も一定であるということになります。借り入れの際には行ったどういった審査基準が用いられているのか?気になるところでありますが、基本的には年収をベースに審査が行われています。借り入れ可能限度額は年収が多ければ多いほど高く設定される可能性高まりますし、少なければ初回は30万円程度がせきの山でしょう。

私の例ですが、不景気なので昇給はありませんという通達が来て、それからずっと据え置きのままです。最近景気が良いので、今年こそ昇給があるかと期待していたのですが、世間の昇給ムードなどどこ吹く風で、全くありませんでした。ですので、増額を申請してもなかなか通らず、約30万円の初回の限度額がずーっと続いている状況です。景気が悪いなら仕方ないけれど、こんなアゲアゲムードなのに全然社員に還元しないなんて、ひど過ぎますし、お金がないからといって借りられない、非常に苦しい状況続いています。

こんな会社辞めてやるって思うんですが、まだそこまでの勇気はありません。景気がいいといってもまだ求人がそんなに増えたってわけでもないですしね。この先もずっとこんな調子なら、ちょっと本気で転職を考えようと思ってます。一応来年こそ昇給があることを願っておきます。 まぁでも、昇給があればそれだけ年収があるので、もしかしたらたくさん借りれるようになると、バカみたい使っちゃうかもしれませんからそれはそれで良いのかもしれませんけどね。みなさんも借り入れには十分に気をつけてください。サラ金は本当に簡単にお金を稼ぐれるので、思わず借りすぎてしまうこともありますけど、自分の手に負える範囲の借り入れ止めておくのがいいと思います。

ちなみに、総量規制が施行されたとしても銀行系は対象外です。これはたぶん多くの人がご存知かと思いますけれども、例えば専業主婦なんかは、仕事をしていないので収入がないので、銀行系のカードローンで借り入れを行っているようです。ですが覚えておいてもらいたいのが、銀行系のカードローンだからといって銀行が審査をしているわけではなく、審査を行っているのは子会社の消費者金融の審査ノウハウを用いてなのです。つまり、別に銀行で借り入れをするような大げさなものではなく、銀行系のカードローンは一般個人向けの消費者金融とほとんど変わらないのです。というわけで、あまりびくびくせずに、まずは申し込んでみるのがいいと思います。

お金を借りるならこちらから。キャッシング系の情報をしっかりまとめているサイトで非常に参考になりました。お金を借りるナビ。キャッシングは利用するとつらいこともありますけど、やっぱりなければ生活が回らないので助かった!というのもまた事実です。キャッシングは賢く利用するようにしていきましょう。

 




子育てにはお金がかかります。

もうすぐ連休。

今年は子どもが初節句なので、兜の飾りを買ったり、旅行にも行く予定なので、この時期は何かとお金が消えて行く…。

とはいえ、子どもには逞しく元気に育って欲しいので、いろいろな行事での出費は仕方ない!

それにしても、子どもが産まれてから、お金の使い方がガラッと変わったなぁ。

今までは、自分の服とか美容院とか、おしゃれにお金をつぎ込んでたのに、今じゃ自分の洋服買うより、子どもの服を買ったりおもちゃを買ったりしてる方が楽しくて仕方ない、とさえ思う様になりました。

新しいおもちゃに興味しんしんの息子を見て、楽しそうに遊んでくれるとそれだけで私まで幸せな気分に。

親バカだとは思うけど、息子が笑ってくれたらそれだけで幸せなんです(笑)

でも連休の旅行でパーっと遊べる様に、今は節約に頑張ります!




サラ金男が語る消費者金融の今

ilm17_ca02009-s-png消費者金融業界が大きく変わったのは、たぶんほとんどの方はご存知かと思いますが2010年の貸金業法の改正があります。これによっていわゆるサラ金業者は、年収の3分の1を超える貸し手をすることができなくなりました。このことをきっかけに、消費者金融の利用者は大きく減少し、法律改正の目的を達成されたのではないかと思います。しかし、使途が自由ないわゆる「フリーローン」と言われるものは、今回の規制対象だった貸金業者に限るものではなく、銀行などの規制対象外の業者でも利用することができます。

つまり最初は、利用者の制限という意味では大きな効果のあった貸金業法の規制ですけれども、結局のところユーザーが一方から他方へ流れただけで、ほとんど落ちたら変わっていないと思います。確かに、無いものは無いですし借りるしかない時というのはこのご時世仕方ないのでしょうか。

私は以前急な出費で生活費に困った時があり、キャッシングを利用しました。キャッシングは思っていたよりもとても簡単に行う事ができて、こんなに簡単にお金がATMから出てくるなんてと最初のうちはとても感動したものです。これが初めてのサラ金の利用なのですが、本当に簡単に借りることができてしまって非常にあっけなく思いました。

しかし、しばらくしたらそれにも慣れてしまい、今度はどんどんとキャッシングにはまってしまうようになったのです。こんなに簡単にお金が手に入るとわかったら、きっと多くの方がはまってしまっても不思議ではないと思います。それくらいキャッシングの中毒性は凄いものでした。何かあるごとにキャッシングをしていたので、返済総額凄い事になってしまいとても後悔しました。なので、皆さんはキャッシングの際には借り過ぎないように気をつけてください。

キャッシング審査に非常に不安を感じてる人が多いよな気がしますけれども、実際はそんなに心配する必要はないのかなと思いました。審査は非常に素早く行われて消費者金融利用したんですが借り入れが可能かどうかはその場ですぐに返答してくれます。約1秒で自動返信してくれる所もあって、これは絶対に利用した方がいいです。ただし銀行系のカードローンに比べるとやや金利が高いかなというのが難点で、消費者金融のメリット上げると、スピードが速い、そして柔軟な対応が可能である、ということです。反対に銀行系のカードローンは相対的に金利が高く、審査がやや厳しいかなぁという印象です。

 




借入の返済と学費を稼ぐためにキャバクラでバイト

私は学生時代、キャバクラでバイトしていました。理由は学費と生活費を稼ぐためです。だって、私の家では仕送りがなかったんです。普通のアルバイトだと中々学費と生活費までは貯まらないんですよね。それに普通のアルバイトでそれだけ稼ごうと思ったらかなりシフトに入らなきゃいけないからきついんですよ、体が。

キャッシングからの借り入れも相当な額になっていましたし、総量規制の影響で年収がないと借入自体ができないっていうじゃないですか。で、キャバクラです。結構大変な仕事かと思ってたんですけど、やってみたら意外と楽しいんです。

お酒を飲んでおしゃべりするだけですから。本職の人は指名の本数とかきにするんでしょうけど私は学費さえ稼げればいいから気楽なもんでした。稼いだお金を利息の返済にあてて、とにかく一生懸命返済のことだけを考えて頑張りましたね。

実際、ぶっちゃけ、毎日かわいいドレスを着て綺麗にメイクして、なおかつお酒が飲めるなんて私には願ったりかなったりのバイトでした。社会人になった今でも、キャバ嬢時代がちょっと懐かしくて、借入がまた増えちゃったらキャバクラで稼いで完済!!ってな人生も悪くないかなぁと思います。